Jugendstilstube

Holz, Inhalt:13teilinges um 1900


ドールハウス、家具一式(6点)・・・・1900年頃
小物13点・・・・1930年頃

このドールハウスは、ユーゲントシュティル様式の家具をしつらえた居間として作られたものです。100年前のドイツの生活をほうふつさせますね。温かみのある家具や食器を覗き込んでいると、自分もこの中で生活を送っているような、ほのぼのした気持ちになってきます。

壁に掛けられたものは、昔のドイツのお母さん達がケーキを焼くときに使った型ですし、カーテンのレースはオリジナルのもので、とてもきれいです。食器のうち、茶系の2点のものは、マールブルクに古くから伝わる民芸品の陶器を模したものです。小さな道具を、少しづつ揃えていったり、部屋の模様替えをしたり、楽しみも広がります。

壁は折り畳みが可能で、当時、長い家族旅行に出かけるときなどは、旅先でも遊べるようにと、娘達のためにこれをトランクに詰めて、旅行に出かけたようですよ。

お買い上げありがとうございます

puppenstube_1b2.GIF (29745 バイト)

拡大画像→ 185K

puppenstube_1c2.GIF (18045 バイト)

拡大画像→ 308K

 

puppenstube_1d2.GIF (30674 バイト)

拡大画像→ 258K

puppenstube_1e2.GIF (26711 バイト)

拡大画像→ 222K