細工装飾スプーン 北ドイツ 2本 800シルバー 1898前後

50g(1本) 


gin3.JPG (36272 バイト)

gin4.JPG (23304 バイト)gin5.JPG (32123 バイト)

銀の細工ものはいかがですか?

 

写真は磨く前のものです。

素材は800銀、これは当時のドイツでは最高の純度です。赤い石はガラスです。

北ドイツのものです。結婚式の贈り物としてこういうスプーンを贈る習慣があります。

柄をよく見ますと、柄の部分と先の部分が後から溶接されていることがわかります。

これは当時のドイツの技術ではありません。おそらく一度外国へ流れ出た後、スプーンの先の部分を良いものと付け替えたと思われます。それだけ柄の部分に価値があるということです。

片方のスプーンの裏にはH. Meyer.u.Frau 1929、もう一本には同じく 1926と刻まれています。

これはおそらく結婚する二人の産まれた年ではないかと思われます。