時計のコーナー

共に仕事をしていたマールブルクの時計修理工が引退してしまったため、KOSMOSでは時計のコーナーを数年閉めていましたが、新たに仕事をできるパートナーを得ることができ再開します。

この時計マイスターは金銀細工職人の奥さんと共に永く時計と宝石の店を開いていましたが、昨年店を閉め、2005年8月からアンティーク時計の修理を専門にすることにしました。奥さんが金銀を扱えるため、時計の細かな装飾も修復が可能です。

これらのアンティーク時計は完璧に整備されているため、1年および2年間の動作保証をつけることができます。

時計は状態が全てです。私どもの時計の多くは、安く骨董店に出回っている時計とは違い、完全にオーバーホールしており、信頼性があります。

日本への輸送に関しては時計のサイズに合った木箱を家具職人に製作してもらい、時計修理士に箱への梱包をしてもらった上で日本の輸送会社にて郵送することになります。

細かな質問につきましてはメールでお問い合わせ下さい。また詳細な写真をお送りすることもできます。

 

時計の豆知識


時計は1900年頃から廉価に作られるようになり、こういった時計は耐久年数が30年から50年ぐらいしかありませんでしたが、19世紀以前の時計は高価なものであったため材料も良いものを使っており、100年動いたものはさらに100年、200年動いたものはさらに200年動く耐久性を持っており、整備次第で永く使うことができます。

暖炉時計は18世紀から1830年頃のものはブロンズの物が多く、その後は廉価な錫の物が増えます。19世紀後半には錫のものが50作る間にブロンズのものは5ほどしか作られていません。錫はすぐ割れたり折れたりするためブロンズのものと比較すると品質はかなり低い、しかし価格も安くブルジョワ階級が増える19世紀末にはたくさん作られました。

金メッキはフォイアーフェアゴルデットと呼ばれる、塗布した後に水銀を飛ばして焼き付けるタイプのものが最も価値があります。毒ガスが出るため製作過程で死者が出ることもあり、非常に高価でした。金はマットなものと光っているものがありますが、どちらが価値が高いということはありません。安価なものは金は塗られているだけです。20世紀になって増える電気式の金メッキはまた別物です。

時計は1850年頃を境にメカニックが紐を利用したタイプから振り子式に変化します。写真は振り子タイプのもの。

暖炉時計の資料はこの書籍をお勧めいたします。絶版ですが、KOSMOSでも販売しています。→●

 

時計のオーバーホール


プロフェッショナルの手で、壁掛け時計、柱時計、暖炉時計などをオーバーホールできます。分解し、研磨し、油を挿して組み上げます。大体の費用は3万5千円から。お見積もりしますので、メカニック部分の写真をKOSMOS宛てにお送りください。また、宝飾職人の手で外側の修復作業もできますので、写真をお送りください。

 


 

アールデコ様式の置時計

ボディは木と大理石の組み合わせ 高さ19cm 幅34cm

拡大画像→

 

籠を持った少女像の暖炉時計 フランス 1875年頃

ブロンズを固めたものに金を塗ったものです。半時間と1時間ごとに鐘が鳴ります。1年保証。

拡大画像→

12万円

 

マントを着た画家の像が装飾された暖炉時計 フランス 1860年頃

ブロンズを固めたものの上に金鍍金。

金はフォイアーフェアゴルデットです。完全オーバーホール済みですが、金が少し曇っているためにこの後超音波洗浄する予定で、元の黄金の輝きに戻ります。

アンカーヘムングで時間に信頼性があります。鐘の音が素晴らしい。

拡大画像→

鐘の音

35万円

 

2つの燭台のついた緑オニキスの暖炉時計 フランス 1880年頃

豪華な揃いの燭台のある暖炉時計。錘に水銀が入っているため、温度湿度で変化し、正確な時刻を刻みます。

拡大画像→

鐘の音

58万円

 

天使の装飾された暖炉時計 フランス 1880年から1890年頃

緑のオニキスの台座を持つ暖炉時計です。傍らにはブロンズの天使2人が立っており非常に装飾的な時計です。

拡大画像→

拡大画像→

鐘の音

42万円

 

スフィンクスの装飾された暖炉時計 フランス 1890年頃 大理石

金は、フォイアーフェアゴルデット 振り子には水銀が入っており、水銀の膨張によって温度や湿度の変化に対応し正確な時を刻みます。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

鐘の音

22万8千円

 

文字盤の周囲に家の絵が描かれた柱時計 オーク材 イギリス 1820から1830年 高さ210cm

堂々とした19世紀初頭のイギリスの柱時計。メカニックは完全に修復済み。

絵は描かれたものでエナメルではなく、文字盤下のカレンダーのみ動いていません。

2年の動作保障

鐘の音

拡大画像→

拡大画像→

55万円

 

後期ビーダーマイヤー期の壁かけ時計 1840年 リピーター機能付き

文字盤の12の位置で鐘が鳴ったあと、3分後に再び鐘が鳴ります。 

2年の動作保障

拡大画像→

拡大画像→

22万

 

 

グスタフベッカー ウィーンスタイル 1890-1895年 135cm 胡桃材

非常に高い精度を持っているドイツの時計メーカー グスタフゲッカーの壁架け時計。文字盤はエナメル。

2年の動作保障

オーバーホール時の様子を掲載しました。

鐘の音

拡大画像→

拡大画像→

\240.000

お買い上げありがとうございます。

 

暖炉時計 フランス アンピール様式 ”ゲーテ” 1810年頃 焼付けによる金めっき

高さ49cm 幅35cm 奥行き13cm

文字盤 サイン Andre freres A BORDEAUX

8日巻きペンドルワーク アンカー 鐘は半時間 1時間ごとに鳴ります。

ケースと機械部分は完全にオーバーホールしています。動作保証1年。

***

ドイツが誇る文豪ゲーテのブロンズ像が添えられた暖炉時計。メカニックは当時世界最高の精度を誇ったフランス製です。

約200年前、時計は非常に高価なもので、王侯など一部の限られた人間しか持っていませんでした。この豪華な時計もおそらく王宮にあったものだと思われます。

ゲーテが亡くなったのは1832年ですから、生存中に作られたものです。

細かな部分はブロンズで、これは固めたものではなく磨き上げたものです。

時計の本体は黒大理石で作られています。

紛失していた羽ペンを金銀職人の手で作り直しました。

ブロンズ部分を200年前の手法で処理しなおし、オリジナルの黒色に戻しました。

金部分は外して超音波洗浄し本来の黄金色の輝きを取り戻しました。

1年の動作保障

鐘の音

  

お買い上げありがとうございます。

 

振り子時計 フランス ブロコット機構 鐘は半時間1時間鳴り 大理石 1880年 頃

1年の動作保障

拡大画像→

12万

 

門型の時計 フランス 鐘は半時間1時間鳴り 文字盤と振り子は焼付けによる金めっき 1860年頃 

総修復されており状態は完全です。

1年の動作保障。

拡大画像→

拡大画像→

20万

 

暖炉時計 フランス 1900年前後 大理石

2本の蝋燭立て付き、鐘は半時間に一度鳴ります。

1年の動作保障

拡大画像→

拡大画像→

 

暖炉時計 フランス Fadenaufhaengung 1820年頃 高さ40cm 幅26cm 奥行き10cm

文字盤 エナメルにローマ数字 サイン Jovatr F. Vero Donat 2 Paris
ムーブメントサイン
Medaille Dor Japy Freres
A. Jovart. Fils Sur De A Chaumont Paris
Werk 188 7-2

総修理済み アンカー 半時間1時間鳴りの鐘 ブロンズを固めたものの上にボディー全て焼き付けによる金めっきで非常に豪華な暖炉時計です。1年の動作保障。

拡大画像→

32万

 

 

 

グスタフベッカー、1870年頃、ルイフィリップ

錘1つ。
サイズは1メートルを少し超えます

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

グスタフベッカー、本体グリュンダーツァイト 文字盤アールヌボー、振り子アー
ルヌボー
錘の無いネジ巻きタイプ。サイズは50cm程度。文字盤と振り子は金メッキさ
れていて凝っています。

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

アメリカ製の壁掛け時計。

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

オーストリア製、1880年頃。グリュンダーツァイト
上の飾りがありません。錘2つ
サイズは1メートル程度。本体はレリーフが結構綺麗です。

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

古いタイプの時計で、30cm4方ほどの本体から1メートルほどの長い振り子が
ぶらさがっているタイプがあります。文字盤等金で装飾されていて綺麗なもの。
重さ1kg以上ある錘が2つぶら下がっています。

イタリアンコメディーの装飾

時計の仕組みはアンカー、目覚し時計の機能がついています。

1850年頃

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

古いタイプの時計で、30cm4方ほどの本体から1メートルほどの長い振り子が
ぶらさがっているタイプがあります。文字盤等金で装飾されていて綺麗なもの。
重さ1kg以上ある錘が2つぶら下がっています。

フルーツホルンの装飾。アンピール様式、時計の仕組みはシュピンゲルです。

目覚し時計の機能がついています。

1820年頃

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

メーカー不明、シュペートビーダーマイヤー(後期小市民主義)1850年頃
錘2つ
シンプルかつ美しいので個人的に好みです。

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。