銀のシャープペンシルのコーナー

銀のシャープペンシルは、当時はとても高価なもので、ごく一部の人間しか持っていませんでした。日本ではシャープ販売していたためにシャープペンシルという名前で呼ばれていますが、

ここに掲載されているものはシャープのものではなくヨーロッパのものですのでご注意下さい。

 

◆シャープペンシルの使い方

ペンの後ろについている部分を左に回しつづけます。外れて取れます。

鉄芯は上下に動きます。

頭の部分は左に回すと、外れます。ここは替芯を入れておく場所になっています。

ペンに芯を入れるには、ここから替芯を出し、ペンに入れ

鉄芯を一番伸びきった状態にして、差込み、右に軽く数度回し

そこから押し込みます。

押し込んだ状態で後ろの部分を右にずっと回しつづけると、鉛筆の芯が出てきます。

一度出てきた芯は戻らないので注意してください。

芯は、今でも手に入ります。東急ハンズなどで購入可能。

 

花の細かな細工の入ったシャープペンシル 20世紀初頭

使い勝手の良いサイズです。

*留め金(ポケットに留めるもの)はありません。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

\7.500

お買い上げ有難うございます

 

銀のシャープペンシル 1920年頃 925銀(スターリング) 

 

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

\11.000

お買い上げありがとうございます。

 

銀のシャープペンシル 1920年頃

拡大画像→

拡大画像→

11.000

お買い上げありがとうございます。

 

銀のシャープペンシル 1920年頃 800銀

*クリップは壊れているのであとから別のものをつけられています。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

\6.300

お買い上げありがとうございます。

 

 

 

シャープペンシル 20世紀初頭 835銀

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

 

シャープペンシル 20世紀初頭 830銀

お買い上げありがとうございます。

拡大画像→

拡大画像→

 

シャープペンシル 20世紀初頭 835銀

*小さな部品が少し足りないため動かない。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

 

シャープペンシル 20世紀初頭 900銀

拡大画像→

拡大画像→

 

シャープペンシル 20世紀初頭 835銀

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→