Tasse mit Untertasse Hoechst bis 1763


へーヒストの花柄カップ、絵の描き方が特徴的。

マークが釉薬の上についているものは1763年以前。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

マイセン皿、マルコリーニ期の柿右衛門写し

*縁に小さなチップあり

拡大画像→

拡大画像→

第38回オークションで落札しました。

 

 

マイセンのブルーオニオンのティーポット 20世紀後半

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆Vase, KPM Berlin

花瓶 KPM ベルリン

拡大画像→

拡大画像→

第33回オークションで落札されました

 

 

ロイヤルコペンハーゲン、ブルーフルーテッドフルレース 1960年頃 

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げ有難うございます

 

 

マイセンのとても小さなモカポット、4級 20世紀後半

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げ有難うございます

 

 

◆Teedose, Fuerstenberg

紅茶壷, フュルステンベルク

白磁の質では高いレベルを誇るフュルステンベルクの、白さを生かした綺麗な紅茶壷です。

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げ有難うございます

 

 

マイセンの花柄カップトリオ 1930年以降 2級

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

第33回オークションで落札されました

 

 

◆Loeffel, Zwiebelmuster, um 1880

ツヴィーベルムスター(ブルーオニオン)のスプーン, 1880年頃

拡大画像→

拡大画像→

第33回オークションで落札されました

 

 

◆Zierteller mit Blumen, KPM Berlin, 25cm 

KPMベルリンの花皿 1850−60年頃, 25cm

他の時期のKPMの花皿を見慣れておられる方には、色に違和感を感じられるかもしれませんが。この色彩は、19世紀中頃独特のものでして、コレクターもいます。

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆zwei Teller, Jugendstil, D 21.3cm

2枚のユーゲントシュティルの皿, 直径 21.3cm

サクランボでしょうか、ユーゲントシュティルの特徴が出ていて美しいです。

マーク無し

拡大画像→

第35回オークションで落札しました。

 

 

◆zwei Fuechse, Figur, 1920er, H 17cm, B 20cm

大きな、2体のキツネのフィギュア、Lidkoeping窯、スウェーデン, 1920年代
高さ 17cm, 幅 20cm

 

1726年に軟質磁器の会社として誕生した古い窯です。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

第35回オークションで落札しました。

 

 

◆Zierteller, Meissen, um 1910, 24.4cm

マイセン染付け皿 1910年頃 24.4cm

珍しい柄

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆Zierteller mit Trauben, Miniaturmalerei, KPM Berlin, 1911

KPMベルリンの葡萄が描かれた細密画皿 1911年

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆Moccakaennchen, KPM Berlin, 1919

モカポット KPMベルリン 1919年

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆Zierteller mit roten Drachen, Fuerstenberg, nach 1920

赤龍柄 フュルステンベルク窯 1920以降

この柄はマイセンの皿で有名ですが、これはフュルステンベルクです。はじめて見ました、珍品ではないでしょうか。

絵付けの質はマイセンと同じ。

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆Kleine Vase mit Silber, Fuerstenberg, um 1930

銀の模様が施された小さな花瓶, フュルステンベルク, 1930年頃

磁器の花瓶の上に銀の花模様がはられています。このように磁器の上に銀またはプラチナをはるのは、この時代に流行った趣向です。独特の美しさがありますね。

実際に花を活けるのに使われていたようで、口の部分に小さい汚れ、傷があります。

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆Gedeck, Blankenhain, Weimar-Porzellan, 1920-30

トリオ, ブランケンハイン, ヴァイマール-ポルツェラン, 1920〜30年頃

明るい色彩で花々が描かれた、かわいいトリオです。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げ有難うございます

 

 

◆Moccatasse mit Untertasse, Limoges GIRAUD, Frankreich

モカカップ, リモーシュ”GIRAUD”, フランス

Andre Giraudによって1925年に作られた窯による作品。手描きによる可愛いブケーとやさしい色合いが素敵です。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆Gedeck, Jugendstil, um 1920

ユーゲントシュティルのトリオ, 1920年頃

鮮やかな花がプリントされ、縁にはレリーフが施されています。カップの取っ手もユーゲントシュティルらしくモダンな形をしています。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆2 Tassen mit Untertassen

Rauenstein, um 1770, H 7cm, D 14cm, Konisch

カップと下皿, ラオエンシュタイン, 1770年頃, 高さ 7cm, 直径 14cm

コニッシュ(円錐形)のカップで、高台は幅の狭い円筒形です。取っ手はオウレンヘンケル(耳形取っ手)で、カップの中と下皿の表面には2重に取り巻かれたレリーフがあります。絵付けはプアプア(紫がかった濃紅色)による風景および建築絵画で、縁には金彩が施されています。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

 

◆2 Taesschen mit Untertasse

Hoechst, um 1780, H 5.4cm, D 10.5cm, Konisch, rest

2つの小さなカップと下皿, ヘキスト, 1780年頃, 高さ 5.4cm, 直径 10.5cm

コニッシュ(円錐形)のカップには、シュランゲンヘンケル(蛇を象った取っ手)がつけられています。カップと下皿には、それぞれ一対のメダイヨンが金彩で描かれています。縁も金彩が施され、下皿はその内側に淡い色付けがなされています。カップ、下皿双方にセピア絵画による天使が描かれ、カップの方にはその上部にリボンが描かれています。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

修理されています  

お買い上げありがとうございます。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆zwei Tassen, Meissen, 1800-1810

アンピールの取っ手を持つ、マイセンのマルコリーニ期のカップ、2つ。

スミレ柄。1800年から1810年頃

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆Ziertasse, KPM Berlin, 1763-1770

KPMベルリンの初期のカップ

様々な野鳥、虫、木々、花が描かれています 1763年から1770年

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

wien0913_1bg.GIF (17565 バイト)wien0913_1ag.GIF (17248 バイト)

Teller Wien um 1791


拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

◆ Sammeltasse, um 1780

コレクションカップ 1780年頃

Paris Clignancourt窯

1771年創立、1798年に閉ざされたこの窯の一番最初のマークの入ったカップです。精緻な絵付けと金彩が入っています。

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

華やかな白磁の深皿。お客様が来たときのもてなしにいかがでしょう。マークはありませんが、おそらくマイセンだと思います。1850−1860年頃。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

 

ビーダーマイヤー期の、ウィーンスタイル、ドッペルバオホ(2段腹)フォームのカップ、今ではマイセンのカップ型として有名ですが、6客。窯名不明。

この時期独特の質感あるカップ。1840年頃

普段使いにすると、20世紀初頭の有名窯でサービスするよりも、お洒落なのではないかと思います。お薦め。

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。

 

Tintenfass 1843-1879 Helena Wolfsohn (Dresden)

インク壷、ドレスデンのヘレナヴォルフゾーン作。

18世紀マイセン風の絵付けの丁寧な模倣で有名な工房。マークも、AR(Augustus Rex)を使用しています。

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

拡大画像→

お買い上げありがとうございます。